公式サイトの方では自己紹介してますが、こちらでは自己紹介ってしてませんでした(^^

なので、改めて・・・主に犬の似顔絵・肖像画パネルのオーダー製作をしてます、Minakoと言います。

 

ステンドグラスを始めて、もう何年だろう・・・15年くらい?(^^

 

8年前まで(今は2018年)たくさんの犬パネルを作りましたが、精神的にも体力的にも限界を感じ、8年ほど犬パネルはもちろん、ステンドグラスからも遠ざかってました。

8年ぶりに犬の似顔絵(肖像画)パネルを作ってみて・・・

最初は、8年のブランクを考えると、「腕が鈍ったかも」とか「材料が劣化してないだろうか?」とか「道具は壊れてないだろうか?」など心配要素はありました。

なにせ、8年間ほとんどガラスや道具にも触ってませんでしたから。

まずは、リハビリもかねて、昔作って今手元になかったパネルを再度作ってみました!

それがこれ!!

思ってた以上に手も動き、材料も劣化してないし、道具も昔同様につかえて、手応えを感じました。

ステンドグラスを再開して2ヶ月目・・・

ありがたいことに、オーダーも頂けるようになり、毎日充実してます♪

昔、パネルをオーダーしてくれた方が再びオーダーしてくださったり、初めてオーダーを下さったり、私の作品を求めてくださる方に感謝しかありません。

私の仕事は、「ご依頼主の方の愛犬への思いを代弁して、パネルを制作すること」と思ってます。

 

以前パネルを制作したことのある子のパネルも何枚か作りました。

当時よりもちょっと大人っぽくなった表情の写真を見て感慨深くなったり・・・・

 

そして、8年の時間がたってますから、当時パネルのモデルになったワンちゃんも、高齢や病気で亡くなってしまった子もいます。

パネルを制作しながら「この可愛い子は、もう居ないんだ」って思うと、悲しくなって涙が出てきたりもします。

やっぱり、犬の寿命を考えると自然のこととは言え、まだまだ受け入れるのが辛い現実です。

きっと私は、これからも泣きながらパネルを作るのでしょうね(^^

 

パネルのモデルのワンちゃんは、会ったことのある子もいるし、会ったことのない子がほとんどですが

以前にパネルを作ったとき、写真の中の子と一緒にガラスを考えたり、時には私にアドバイスをくれたりしてました。

例えば・・・

私がバラのフレームを考えてたら「私は、バラよりも蘭の方が合うと思うわ」とか

ピンクのガラスでポピーを作ってたら「私は、オレンジ色が似合うのよ~」と言ってきたり

慌ててデザイン画を描き直したり、ガラスをカットし直したことも何度もあります。

そんな、懐かしいやり取りを思い出します・・・これは、私と写真の中のワンちゃんだけの会話です。

なんて書くと「・・・・?あなた、頭大丈夫?」と思う人もいるかもしれませんが(^^;

私だけの感性じゃないというのは本当なんですよ。

 

でも、このくらい思い入れが強いほうがより私も満足度の高いパネルが出来ると思ってます。

時々、パネルを発送するときに手放したくなくて泣きそうになるときありますが(汗

「自分が欲しくないものなんて、誰もお金を出して買ってくれない!!」と思ってるので、これからも手放したくなくなるほど満足する作品を作っていきます。

 

私の過去の作品を見たい方は、本家のHPの方を見てくださいね!!