10年前に作ったパネルで、ビリー・ジョエルの肖像画パネルがあります。

高校生の頃から大ファンだったビリー・ジョエル!ちなみに、愛犬の名前もビリーです♪(^^

2006年に来日コンサートに行ってビリー愛が強くなり、その気持を抑えることができなくなってしまい、「自分だけのビリー・グッズを作りたい」という衝動から、ビリー・ジョエルの写真からステンドグラス用のデザインを起こして作りました。

ステンドグラスをしてる方ならわかると思いますが、人間の顔をステンドグラスで作るってすっごい大変です。

線も、一本一本が生命線みたいで、ちょっとでも歪むと別の顔になってしまいますから。

 

写真だと、ちょっとフレームが歪んで見えますが、実際はそうでもないです。

こういうパネルって、なかなか写真がうまく撮れませんね。

 

このパネルに限らず人間の顔は難しさは半端ないです。

この作品も、ガラス研磨はいつにもなく慎重にしてましたが、一番大変だったのがテープ巻きです。

特に、顔はシワとか影とか表情につながるパーツは繊細に作らないと台無しになるので、一番細いテープで巻きました。

 

当時のブログ(別サイト)で製作日記を書いてました!

ビリー・ジョエルの肖像画ステンドグラス・パネル 反省点

反省点としては、顔の明暗が強すぎて、窓に吊るすとオペラ座の怪人に見えてしまうこと(^^

顔の明暗って、微妙なトーンで十分なんですよね~もし、また作るとしたら(絶対に作らないけど)それは注意します。

あと、フレーム・・・

作ったときは満足だったんですが、今見ると「もうちょっと華やかにするべきだったかな?」って気持ちもあります。

 

私の未熟さ故の失敗ではありますが、誰かに販売するとかじゃなく自分だけのパネルなので、失敗部分も含めて愛おしいと思えるパネルです。

 

でも、今見てもその繊細な作業・・・正直「よく、こんなの作ったなぁ~」って思います。

今はもう、体力的にも精神的にも、人間の顔なんて繊細な作品は作れません・・・・(^^;

 

最後まで読んでいただきありがとうございます
もし、ちょっとでも「良いな」と思っていただけましたら、下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキングに参加してます。
応援よろしくおねがいします。