シンプルでコストをおさえた犬の肖像画パネルの試作を作ってます。

試作っていうのは、なかなか思うように進みません・・・今までの段階は、こんな感じ。

で、今回は3枚目の正直!?犬の部分もデザインをしなおしてみました!こんな感じで、頭全体を描きました。

ガラスカット終了

ガラスカット終了して、ガラス研磨も終了しました!

やっぱり、頭全体を表現したほうが犬らしいかもしれない・・・
今回は、シンプルパネルなので、表情とか無いぶん、犬の体の形が重要になる?

コパーフォイル巻き終了

コパーフォイルを巻いて、半田で仮止めしたところです。

この後悩んだのがフレーム!!

型を作って円のフレームで作ってみたら、円が歪んで型に入らない・・・・

四角だと、前回作ったみたいになるし・・・・これね?(^^

フレームの形であれこれ悩みすぎて、ちょっと頭が痛くなって1日寝込みました(^^

でも、ちょっとステンドグラスから離れて色々と考えるのもいいですね~
おかげで、ちょっと違う方向から考えることが出来ました。

私、かなーーーり頭が硬かった!!
円のフレームを難しく考えすぎていたんです(^^

シンプルな犬の肖像画パネル 完成

うん、良いと思う!!
フレームが犬の部分を邪魔してないし、ブルーのガラスを入れたことで、それなりに華もある。
でも、ブルー一色だとまた重たい感じになるので、白いガラスを交互に入れて、爽やかさも入ったかな?
犬の部分がシンプルなので、ブルーの代わりに赤とか原色を入れても映えるでしょう。

あと、バランスも・・・・
このパネルと、犬のアングルはほとんど同じだけど、頭全体を描いただけでもずいぶんと感じが変わりますね。

バックも透明の部分の面積を大きくしたので、スッキリとしたと思います。

ステンドグラスって、ガラスの色とのバランスが本当に難しいって実感しました。
でも、ちょっとコツが分かってきました(^^
ちょっと色々な犬種とか、フレームも色々なパターンで作ってみようと思います。

何枚か作って、納得できるものが出来たら、オーダーも考えます。
値段はまだ決めてませんが・・・・

  • 犬の部分は、かなりシンプル
  • ガラスは、安価のものでもOKなのでコストが安くできる
  • 1日で完成可能

などの理由で、犬の似顔絵ステンドグラスパネルよりは、かなり安くできると思います。

「犬の似顔絵パネルと、シンプル肖像画パネル、どう違うの?」と疑問を持つ方もいるかと思い、並べて写真を撮ってみました。

大きさも、こうしで並べるとわかりますが(手が足りなくて上手く全体入りませんでした)

大きな違いは、細かい表情とか毛の表現でしょうか?あと、大きさです。

  • 犬の似顔絵ステンドグラス:直径約25cm
  • シンプル犬の肖像画パネル:直径約16cm

犬の似顔絵パネルの方は、「〇〇ちゃん(君)のパネル」ですが、犬の肖像画パネルの方は「◯◯犬のパネル」という認識で良いと思います。

犬種によっては、シンプルパネルでもかなり表情も出るかもしれません・・・・こればかりは作ってみないと私もなんとも言えませんけどね。

今回は、ブラックタンのダックスで作ったので、顔も細かいです。
一色のワンちゃんの場合だと、もっとピースも少なくなると思います。

犬のシンプル肖像画ステンドグラス・パネルは、こちらでオーダー受け付けています。

 

犬の肖像画ステンドグラスパネル 製作日記一覧

最後まで読んでいただきありがとうございます
もし、ちょっとでも「良いな」と思っていただけましたら、下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキングに参加してます。
応援よろしくおねがいします。