サルーキの女の子の肖像画パネルを製作中です。

今までの製作日記はこちらです。

スポンサーリンク

ガラス研磨

いつも、目の周りは一番神経使います。

研磨が終了したときに、一度ご依頼主の方にガラスの色などをチェックしていただきます。

イメージと大きく違う部分があったら、このときに入れ替えます。

今回、自然光とトレース台の上に乗せた写真で見ていただきました。

これでも、100%伝えることは難しいですけどね。

でも、ちょっと裏から光を当てるだけでこんなに違うんですよ~ステンドグラスって深いです(^^

2枚ガラス入れ替え

今回、ご依頼主の方のご希望で2枚のガラスを入れ替えました!

さぁ!どこが変わったかわかりますか(^^

入れ替えて、ちょっとデザインが引き締まった感じがします!!いい感じ~

おまけのおまけのおまけ・・・

犬パネルとは全く話題が変わります。

今、QUEENの映画「ボヘミアン・ラプソディ」が話題になってますね~QUEENの歌は大好きで、CDも持ってます!でも、QUEENってバンドのことはイマイチわかりません・・・・

映画、観てきた人はみんな絶賛してるので、私も「ボヘミアン・ラプソディ」明日見に行く予定です。

 

で、ここ3日間くらいQUEENのCDを聞きまくってます(^^

CD聞いてると、無性にフレディのパネルを作りたくなってしまうんですよね~と言っても、今は人間の顔なんて繊細なパネルは絶対に無理です。
なので、似顔絵だけ描いてみました。

ああ、フレディのパネル作りてぇ~(^^;

昔も、こんな気持になって、マイケル・ジャクソン、ビリー・ジョエル、エリック・クラプトンのパネルを作ったことあります。
「オッサンばかり」ってツッコミはなしで(汗

若いイケメンよりもオッサンの方が作りやすいと言うか・・・・私がオッサン・ミュージシャン好みと言うか・・・

人間の顔って、線一本がすごく繊細で、ちょっとしたカーブで全く別の顔になってしまうんです、よく作ったな・・って思います(^^

でも、満足できる作品が完成したときの達成感は半端なく、ある意味病みつきになってしまうほど。

その悪魔のささやきが今・・・・耳元で「フレディ作れぇぇぇ~」と(汗

 

犬のシンプル肖像画ステンドグラス・パネルは、こちらでオーダー受け付けています。

 

犬のシンプル肖像画パネル 製作日記

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます
もし、ちょっとでも「良いな」と思っていただけましたら、下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキングに参加してます。
応援よろしくおねがいします。