プードルの女の子の似顔絵ステンドグラス・パネルを製作中です。

今までの製作日記はこちら。

今日は、ガラス研磨からフレームガラスの決定までの日記になります。

スポンサーリンク

ガラス研磨

ガラスカットとガラス研磨は、同じくらい神経を使う工程ですが、ガラス研磨には楽しみがあります!
それは、ワンちゃんの可愛い顔がはっきりと出るから(^^

今回も、こんなに可愛いプードルちゃんがこんにちわ♪
まるで妖精のような可愛らしさ。

ピンクの花の飾りも付けてみました!
クリーム色の毛にとっても似合いますね~

テープ(コパーフォイル)巻き

ガラス1枚1枚にテープを巻いていくと、ラインがハッキリしてきます。

半田溶接(仮止め)

ガラスがずれないように半田を仮止めします。

これで一応、手に持って光を当てることができます!
今回は1枚のガラスで、体の毛の明暗を表現したんですが、どんなふうに色が出るか?ちょっと不安が無かったわけでもないので、光を当ててみました。

半田のラインが無いですが、思ったとおりの色がでてました!
つか、かなりいい感じで色のトーンが出てますね~良かった(^^

半田溶接(表面だけ)

表面だけ、ササッっと半田溶接をしました。
じっくり見ると、かなり大雑把ですが、ちゃんと綺麗に直しますのでご安心を(^^

フレームのガラス選び

フレームのガラスなんですが、お客様に特別こだわりが無ければ、私はいつもこのガラスを使用します。

華やかで、主張し過ぎず、犬のデザインを綺麗に見せてくれるガラスです。

今回、プードルちゃんの写真を見た時に、クリーム色一色の毛の色と表情から、ピンク系の方が合うような気がしてきました。
ご依頼主の方とも相談して、何枚かガラスをセレクトすることになり、こちらの5枚のガラスから選んでいただきました。

その結果、Bのガラスでフレームを作ることに決定しました(^^
私も、Bのガラスが合うと思ったので、嬉しいです♪

Bのガラスは、清楚で華やかないろが出るので、プードルちゃんによく似合うと思いますよ~
というわけで、今日はフレームをカット~完成の予定です(何事も無ければ)。

 

犬の似顔絵ステンドグラス・パネルは、こちらでオーダー受け付けています。

 

犬の似顔絵ステンドグラスパネル 製作日記一覧

プードル

シュナウザー

ロングコートチワワ(チョコタン)

柴犬

※こちらの日記は、別ブログにリンクします。

ロングコート・チワワ(吊り下げ)

MIX犬(吊り下げ)

ミニチュアダックス(卓上)

ミニチュアダックス(吊り下げ)

 

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます
もし、ちょっとでも「良いな」と思っていただけましたら、下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキングに参加してます。
応援よろしくおねがいします。